横浜 ヤミ金 無料相談

横浜でヤミ金の無料相談ならこちら

横浜でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので横浜でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

横浜でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

横浜でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・横浜対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として横浜でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

横浜市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

神奈川県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡、高座郡、中郡、足柄下郡、愛甲郡

 

横浜市に隣接している市町村

川崎市、藤沢市、大和市、横須賀市、鎌倉市、逗子市東京都町田市

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、信用情報機関に、金融事故としてこの情報が残ってしまうはずです。

こうなってしまうとブラックリストに載ってしまっている状態なので、しばらくは各種ローンの審査に通過することが不可能になります。

どのくらいの期間かというと、債務整理では、ブラックでなくなるまでにだいたい5年はかかってしまうでしょう。

債務整理をするとブラックリストに載ると言いますが、例えば子供に必要な教育ローンの審査に影響が及ぶのかどうかは、把握しておく必要があります。

主な教育ローンですが、銀行のものと、いわゆる「国の教育ローン」と呼ばれる日本政策金融公庫(日本公庫)によるものとに分けられます。

どの金融機関も信用情報機関の情報を共有しているため、ブラックになっていると教育ローンの審査をパスすることができなくなります。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。

けれども、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、一部の債務が残るでしょう。

この返済分については、利息がつくことはありませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため気を付けてください。


裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、すべての借入先を整理対象としますが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に交渉することになります。

3件あれば3件とも対象にすることもできますが、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、もし債権者がいやだと言えば借金が減額されないまま残ることになります。

一口に債務整理といっても3通りあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

この中でも任意整理と個人再生については、基本的に債務者に一定の収入があることが条件となっています。

というのは、それらは借金の帳消しではなく「減額」を求めるものであり、借金自体がなくなるわけではありません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、「収入がある」というのは外せない条件なのです。

積立タイプの生命保険に入っているときは、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

自己破産については、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。

そして個人再生を行う場合は、自己破産のように解約を迫られることはないのですが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返済額に影響することもありません。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ担当者本人が絶対に債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が発表しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、面と向かって面談することをせず引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務への違反となります。

非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうあっても誰にも弁護士事務所に行くことを知られたくない。

もしくは事務所に足を運ぶのは忙しくて無理だという場合は、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所も少なくありません。

やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、一番気兼ねせず相談ができる方法でしょう。

債務整理を一度したことのある人がさらに債務整理をしたい場合、一回目にとった債務整理の方法次第で別の手続きになります。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

二回目の債務整理は原則として一回目より承認が得られにくく、二回目の自己破産ならば尚のこと一層難しくなることを覚悟しましょう。

トップへ戻る