和歌山 ヤミ金 無料相談

和歌山でヤミ金の無料相談ならこちら

和歌山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので和歌山でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

和歌山でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

和歌山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・和歌山対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として和歌山でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

和歌山市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

和歌山県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

和歌山市、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市、海草郡、伊都郡、有田郡、日高郡、西牟婁郡、東牟婁郡

 

和歌山市に隣接している市町村

海南市、紀の川市、岩出市

 

大阪府:阪南市、泉南郡岬町
兵庫県:洲本市(紀淡海峡を挟んで)

 

債務整理コラム

債務整理は借金の清算に有効な手段ですが、債務総額の何%の免除が期待できるかは誰もが興味を持つところではないでしょうか。

これを知るためには、結局のところ、弁護士などに直接尋ねるのが一番です。

けれども、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。

そんな人は、インターネットで無料の債務整理診断サービスなどが受けられるので、こうしたものでイメージをつかんでおくのも一つの手でしょう。

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合、これからもキャッシングを利用したりすることができるのでしょうか。

これについては、債務整理が終わった後、しばらくはキャッシングサービスなどを利用することは諦めなければなりません。

債務整理を行ったことは金融事故として最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入も諦めるしかありません。

当然ですが、どのような債務整理の方法を選んだとしても、しばらくの間は、借入を行うことは不可能になります。

この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。

とはいえ、定期的な収入があり、今勤めている会社の勤続年数が長いようなら、審査基準が緩い消費者金融で問題なく審査をパスできるかもしれません。

なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。

次に個人再生、自己破産と続きます。


債務整理を行う際は、公務員の場合は仕事先に確実に連絡がいくと思う人が多いようですが、知られるのは一部のケースだけです。

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、当事者が黙っているうちは職場に知られることはまずないでしょう。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからも借り入れをしている時は、そこから上に知られることはあります。

給料が差押えされている時に差押えの原因となっている債権者を含めて債務整理すると、手続きを開始した時点で差押えは解除されるだろうと思ってしまいますが、対象外の場合もあります。

残念ながら任意整理については強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

和解の早期成立のために弁護士などに交渉を急いでもらい、差し押さえ解除に持ち込まないと日々の生活にも困るようになります。

所定の研修を済ませた認定司法書士でなければ、いかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、債務一件あたりの総額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することはできないことになっていますから、裁判所には債務者本人が行く事になります。


債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息を免除して返済総額が決められ、各月の支払いを行っていくことになり、通常は借りている元金を減らすことはできません。

他方、民事再生はまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減り、残分の返済が始まります。

借金のある身で債務整理を行っている状況下で離婚が成立する場合、生活費に充てるためなどその借金が婚姻生活のために生じたものならば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産というのはプラスに限らず、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、その理由がギャンブルなど個人的なものであれば婚姻中に生じた借金だとしても分与される財産とはなりません。

債務整理をするのに任意整理による場合、交渉が債権者に拒否されることも考えられます。

任意整理は間に司法が入ることなく債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

司法が干渉しないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

つまり、ろくに返済したことがなかったり、著しく債権者に不利益となっている場合はお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。

トップへ戻る