和歌山 ヤミ金 無料相談

和歌山でヤミ金の無料相談ならこちら

和歌山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので和歌山でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

和歌山でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

和歌山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・和歌山対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として和歌山でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

和歌山市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

和歌山県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

和歌山市、海南市、橋本市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、紀の川市、岩出市、海草郡、伊都郡、有田郡、日高郡、西牟婁郡、東牟婁郡

 

和歌山市に隣接している市町村

海南市、紀の川市、岩出市

 

大阪府:阪南市、泉南郡岬町
兵庫県:洲本市(紀淡海峡を挟んで)

 

債務整理コラム

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、その事実と氏名と住所が官報に公告されるでしょう。

国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、例えば自己破産のケースだと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

公告期間は1ヶ月あるのですが、一般家庭に配布されるものではありませんから、官報のせいで周囲の人間に債務整理したことがバレてしまうようなことは、まずありえません。

なお、任意整理をした人は100%掲載されません。

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

再就職もうまくいかず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

少し経ってから今の会社で働けるようになりましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、最終的には債務整理を行いました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。

任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。

任意整理の場合、法的な命令があるわけではなく、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、強制的に和解交渉を進めることはできません。

弁護士や司法書士といった、専門家にお願いした方がスムーズに交渉が進みますが、その時には、後ろめたくても、全ての借金の状況を伝えてください。

もし、伝えそびれてしまうと、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。


銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴がデータとして残されることになります。

転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に転職や就職したいときです。

過去に債務整理を行っていたのがわかると、残念ながらそれがネックになり、不採用につながる可能性が高いです。

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、運に頼るしかありません。

債務整理を依頼する上で必要なお金というと、手始めに着手金、最終的な結果が出たあとに払う成功報酬が続き、それから、書類に貼付する印紙代や交通費などは実費で請求されます。

仮に任意整理を依頼した場合は成功報酬は減額金額によって決められ、成功報酬が先に定められている個人再生とは状況が異なるので注意が必要です。

それから自己破産を行ったときは、債務の免責が許可されれば所定の金額を成功報酬として支払います。

各種ローンを組む際やクレジットカードの審査時に金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これには以前債務整理をしたという記録も残っています。

記録がある間は当然ながら月賦払いや借入などはできません。

自己破産の場合ですと、記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、その他の債務整理を行った場合は残りの債務を返済し終えた時から数えて最低でも5年間残ると言われています。


債務整理には、もう債権者に全て支払ったという借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この返還請求をするには事前準備としてその当時の借金額や取引の履歴が残った書類がなくてはいけません。

取引の履歴によって、利息を正確に算出できるので、払う必要のなかった利息を返納してもらえることになります。

状況は人それぞれですから、債務整理とおまとめローン(複数の借金を一元化する方法)のどちらを選ぶべきかは変わります。

将来利息がカットされる前者の場合、支払総額が減ることになりますが、代わりに信用情報に傷がついてしまい回復してからでないと新規にはお金を借りられないのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければ多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理ほどではありません。

ですが、しっかり返済できるなら信用情報への傷は心配無用です。

何歳であっても人生をやり直すことができるでしょう。

債務整理をするのにその人が何歳であっても変わりません。

債務整理の代償はクレジットカードが使えなくなることとローンが組めなくなることだけで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は平均的に生活していけます。

年齢を重ねた方も5年で何もかも元に戻すことができるので、借金に悩まされているのだとしたらとにかく債務整理を行い新しいスタートに備えましょう。

トップへ戻る