鳥取 ヤミ金 無料相談

鳥取でヤミ金の無料相談ならこちら

鳥取でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので鳥取でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

鳥取でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

鳥取でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・鳥取対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として鳥取でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

鳥取市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

鳥取県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、岩美郡、八頭郡、東伯郡、西伯郡、日野郡

 

鳥取市に隣接している市町村

八頭郡智頭町、八頭町、東伯郡三朝町、湯梨浜町、岩美郡岩美町

 

兵庫県:美方郡新温泉町
岡山県:津山市、苫田郡鏡野町

 

債務整理コラム

以前、借金地獄に陥り、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

少し経ってから就職はできたのですが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、債務整理をしたという次第です。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして借金を処分したかったのですが、借金が膨大な金額になっていて最終的に個人再生を選びました。

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、住宅を残しておけただけでも助かりました。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、スッキリした気持ちです。

いま子供がいて債務整理をするのなら、気になるのは養育に必要なお金への影響です。

例えば、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。

簡単に説明すると、教育ローンには民間の金融機関のものと、国の教育ローンである日本公庫(日本政策金融公庫)が取り扱っているものに分けることができます。

これらの金融機関は、いずれも個人信用情報機関の情報を参照して審査を行うので、債務整理後、しばらくの間は教育ローンは諦めるしかありません。


原則的に相談は無料でも、いざ債務整理の手続きを依頼するには、まずは着手金を用意しなければいけません。

金額は決まっていませんので、司法書士や弁護士次第で額は異なります。

債務整理でも個人再生と自己破産を行う際は、処理が終わったあとの成功報酬も最初から確定していることが多いのですが、弁護士を通して減額交渉する任意整理の場合は、減額内容によって成功報酬は変わってきます。

債務整理を依頼するには、まず最初に法律事務所や法務事務所などに対し、仕事を受けてもらうための着手金を支払わなければなりません。

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、その他の費用では例えば、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、裁判所への申立てや和解書等の書類に貼付する印紙代、書類送付の切手代なども必要です。

とはいえこの辺の出費は実費だけを払うものですし、上乗せして要求してくるようなことは通常はありません。

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、継続した収入があるのが前提ですが、収入イコール生活保護費という人は、こうした債務整理の対象とはなりません。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、借金返済などに流用すれば、生活保護費の支給を打ち切るといった厳しい措置が待っています。

そういうわけで、生活保護費の支給を受けている期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと思っておいてください。


あらゆる債務整理の手段と等しく、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。

この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、もしかするとその際にゼロ和解の申し出をされるかもしれません。

残りの債務をゼロにするからこの話に片を付けようという発案です。

取引履歴を確かめる前にそれを承諾すると過払い分がいくらあるのか不明に終わってしまいます。

よく考えずにゼロ和解してしまうと損が出てくることも考えられます。

原則、債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

ところが、そこから外れる場合が1つだけ考えられます。

自己破産の申立中だけは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、裁判所に無断で転居や旅行を行うことは出来ません。

免責が裁判所に認可された後であれば他の債務整理の方法と変わりはなく、 無制限となります。

財形貯蓄とは、月々の給与から天引きによって貯蓄を行うことです。

自己破産により債務整理を行った人は、その貯金額と手元に置いている現金の合計額が法上に定めのある上限の額以上になったら、財形貯蓄の解約を行い超えた分の額は処分しなければなりません。

それだけでなく、たとえ超過していないとしても、裁判所に対して残高証明の提出が必要です。

これを入手するには取引先金融機関か勤務先に申請すればOKです。

トップへ戻る