東京 ヤミ金 無料相談

東京でヤミ金の無料相談ならこちら

東京でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので東京でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

東京でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

東京でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・東京対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として東京でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

東京都でヤミ金の無料相談を受け付けている地域

東京都全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、西多摩郡、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅島三宅村、御蔵島村、八丈島八丈町、青ヶ島村、小笠原村

 

債務整理コラム

借金の返済が不可能になって債務整理で借金を処分したのなら、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の債務整理の場合は登録自体がされないようになっています。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングやローンの審査が通らないでしょう。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚を控えていてもとくに問題が生じることはありません。

債務整理の結果、相手が債務を肩代わりする可能性はゼロです。

とはいえ、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

正直に事実を伝え、実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

実際に債務整理を行う際の注意点です。

これは借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、手続きをしてからすぐに認められるわけではなく、数ヶ月の期間が必要です。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

しかし、どこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判で不利にはたらき、減額の許可が下りなくなったりすることもあるため、絶対にやめましょう。


借金の滞納で訴えられ、裁判所から特別送達が送られてきてからでも、本人が希望するなら債務整理は可能です。

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。

たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、一定以上の収入が継続してあることが求められるわけですが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、生活に充てず借金を返すために使ってしまったら、生活保護費の支給を打ち切るといったケースも過去にはあるのです。

結局のところ、生活保護で生活している場合、自己破産以外に債務整理の道はないというわけです。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、その他の債務整理を行ってからでも、一般の生命保険への加入については何の制限も受けません。

保険や共済といったものは申し込みの際に銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、あえて問い合わせでもしない限り、債務整理をしたかどうか確認する術もなく、事前にそれを確認する必要もありません。

毎月の保険料の支払いが可能であれば、生命保険自体は、なんら債務整理の影響を受けないと思って良いでしょう。


個々の状況次第で、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは違うでしょう。

将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければやや支払う総額が減るものの、債務整理には及びません。

でも、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも方法がひとつではなく複数あります。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

一人一人の事情から方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

かつては出資法に則って、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、法に背いていることになります。

すなわち、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

トップへ戻る