東京 ヤミ金 無料相談

東京でヤミ金の無料相談ならこちら

東京でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので東京でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

東京でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

東京でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・東京対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として東京でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

東京都でヤミ金の無料相談を受け付けている地域

東京都全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、西多摩郡、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅島三宅村、御蔵島村、八丈島八丈町、青ヶ島村、小笠原村

 

債務整理コラム

債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

この期間は有限で、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、その他の債務整理の場合は情報は登録されないようです。

この期間はブラック状態なので、キャッシングやローンの審査が通らないなどの制限がかかります。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

有名なところでいえば、信用情報機関への登録でしょう。

その影響として、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

この期間についてですが、どのような方法で債務整理を行ったかで借り入れ制限の期間が5年から10年と違いがあります。

今すぐにお金が必要な時に強い味方になってくれるのがカードローンでしょう。

ですが、利用頻度が増えと返済時に苦しい思いをすることになるでしょう。

返済不可能なまでに借金がかさんだ場合に利用したいのが債務整理です。

任意整理以外の債務整理を行った場合、法に則って借金を減らすことができます。

そのため、借金返済の負担が軽減し、日常生活をやり直すことができます。


誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、手続きを開始した日を起点に免責決定が下りるまでの間は職業や就業に支障が出ることがあります。

士業と呼ばれる中では弁護士、司法書士、公認会計士がそれで、ほかに宅建取引業者なども該当します。

これらの職種についている人は、自己破産の申し立てを行った時点で、自己破産の手続きが完了するまではその職種の仕事はできないということになります。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、就労や資格の規制はかかりません。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、本人が希望するなら債務整理は可能です。

ただ、原則として可能なのはその債権者を交渉相手とする任意整理となり、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

また減額交渉が成立すれば訴訟は取り下げになり、あとは和解の内容に従った返済を行うだけです。

債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはこの調停の場合は返還は望めず、ただ債務がゼロ円になるだけの話です。

過払い金額の方が多そうだというのであれば、特定調停で相殺するとお金が戻ってきませんから、過払い金請求を行うほうが実益があると言えます。


債務整理の方法に任意整理を選ぶ場合、交渉を受け入れない債権者もいます。

任意整理というのは司法による働きかけなしに交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

間に司法が入らないという事は、交渉に応じなければならないという法的義務が債権者には無いに等しいわけです。

すなわち、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、著しく債権者に不利益となっている場合は和解が成立しない事も考えられます。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の金利で行われる貸付がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

現代では利息制限法に定める上限以上の金利では法に背いていることになります。

すなわち、借金をグレーゾーン金利でしていた人なら、債務整理を行うと余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚をするならば、生活費に充てるためなどその借金が婚姻生活によって出来たものだったならば財産として分与されることになります。

財産というのはプラスに限らず、金額的にはマイナスであっても同じように財産とされるためです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、その理由がギャンブルなど個人的なものであれば婚姻中に生じた借金だとしても財産分与の対象外です。

トップへ戻る