高松 ヤミ金 無料相談

高松でヤミ金の無料相談ならこちら

高松でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので高松でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

高松でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

高松でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・高松対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として高松でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

高松市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

香川県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、小豆郡、木田郡、香川郡、綾歌郡、仲多度郡

 

高松市に隣接している市町村

坂出市、さぬき市、木田郡三木町、綾歌郡綾川町、仲多度郡まんのう町

 

徳島県:美馬市
岡山県:玉野市
(海をはさんで隣接)
香川郡直島町、小豆郡土庄町、小豆島町

 

債務整理コラム

以前、借金地獄に陥り、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。

しばらくしてから無事に再就職しましたが、それまでの借金の返済が苦しく、債務整理をしたという次第です。

今は安定した生活を送れていますから、あの時債務整理の決断をして良かったと思っています。

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、ある程度の期間は、クレジットカードを使ったり金融機関のローンの審査に受かることはできなくなるでしょう。

なぜなら、債務整理しなければならない程の債務を抱えたということで、事故アリということで、ブラックリストに載ってしまうからです。

最低でも5年が経たないとブラックリストから情報が消えませんから、時間を置く必要があります。

可能であれば、弁護士に債務整理の相談をしましょう。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に担当できないという決まりがあります。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、訴訟時には弁護士の方が有利だといえます。

さらに、弁護士にお願いした場合は、手続きをとったその日の内からしつこい取り立てから解放されることもできるでしょう。


自己破産は債務整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

資産があれば、20万円を超えた部分については基本的に返済に回すものですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて考えないでください。

手続きの過程でそれがバレたりすると、最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなる可能性もあります。

債務の弁済が滞り、任意整理か個人再生しかないという状態のときに、マンションやアパートといった賃貸物件に住み続けるなら、毎月の家賃の支払いも計算に入れておかなければいけません。

自己破産以外は借金は残っていますから、あわせて毎月の支出となり、減らそうとしても急に減らせるものではありません。

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で手続きしてくれる弁護士(司法書士)に話しておくと良いでしょう。

原則的に相談は無料でも、いざ債務整理の手続きを依頼するには、最初に着手金というのを支払う必要があります。

法律で決められた金額というわけではありませんから、料金は事務所によって違います。

債務整理でも個人再生と自己破産を行う際は、あらかじめ成功報酬が確定していることが多いのですが、任意整理の成功報酬は、結果次第で異なってくるので注意が必要です。


自己破産をすればあらゆる債務の返済義務を免除してもらえますが、自己破産を申請したのに状況次第では免責が認められません。

どういう時かというと、お金の使い道がまずかった場合です。

例えば、ギャンブルや投資につぎ込んでいたり、やたらと身にそぐわない買い物をしょっちゅう行っていたりすると当てはまります。

これらの原因のせいで免責が認められない場合は、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。

事故情報の記録が信用機関に残っている期間は、5年前後と見られています。

信用機関では、個人の金融情報が金融業者たちによって共同利用されています。

ローンやクレジットカードの審査時、ここから金融業者は個人情報を得ています。

よって、住宅ローンを希望しても債務整理をしてから5年未満ならば相当な高いハードルとなります。

債務整理を思い立った人は、念頭に置いておかなければなりません。

借金を整理するための債務整理の中にも複数の方法が用意されています。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、借入の金額云々ではなく返済を継続する事が限界なのか。

各自の置かれた状況によって妥当な方法も違ってきます。

手続きを自分で行うという手もあるにはありますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。

トップへ戻る