高松 ヤミ金 無料相談

高松でヤミ金の無料相談ならこちら

高松でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので高松でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

高松でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

高松でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・高松対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として高松でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

高松市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

香川県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

高松市、丸亀市、坂出市、善通寺市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、小豆郡、木田郡、香川郡、綾歌郡、仲多度郡

 

高松市に隣接している市町村

坂出市、さぬき市、木田郡三木町、綾歌郡綾川町、仲多度郡まんのう町

 

徳島県:美馬市
岡山県:玉野市
(海をはさんで隣接)
香川郡直島町、小豆郡土庄町、小豆島町

 

債務整理コラム

多重債務などで債務整理をした場合、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

なお、この期間ですが、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICの場合は、自己破産ならば5年ほどですが、個人再生や任意整理を行った場合、とくに記録として保存されることはありません。

この期間はブラック状態なので、ローンやキャッシングが使えないといった問題があります。

後ろめたいことがあったとしても、債務に関することは、弁護士にきちんと話しておきましょう。

信頼関係が損なわれるどころか、債務整理が失敗する可能性もあります。

自己破産というものは、そもそも、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

まだ財産があるのなら、債務整理も自己破産もできないうえ、お金を貸していた業者も納得はしないでしょう。

嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、正直に伝えるようにしてください。

一般的に、債務整理をしたら事故歴アリとして信用情報機関に情報が登録されます。

一般的に言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間は各種ローンの審査に通過することが難しくなることを覚悟してください。

なお、債務整理を行った場合、ブラックでなくなるまでに5年はかかると理解しておきましょう。


司法書士であれば誰でも同じと思ってはいないでしょうか。

認定司法書士でなければどのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

また、司法書士が扱う任意整理は債権者1人につき借金の合計額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、代理人は弁護士と決められているため、司法書士は代理人として赴くことは不可能ですので、裁判所には債務者本人が行く事になります。

けして弁護士の独壇場ではなく、債務整理というのは認定を受けた司法書士に依頼することもできます。

ただし、個別の債権額が140万円以下と定められています。

これから交渉開始というときに延滞料などを含めた債務が140万円を超えた場合は、法律上、司法書士の身分では手続きに携わることはできません。

時間や費用のムダを出さないためにも、司法書士を通じて債務整理の手続きをするのなら事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。

無料で債務整理の相談を受け付ける窓口は、実際、かなりたくさんあるのです。

各自治体にも常設窓口があったり特別相談期間を設けたりしていますし、国民生活センターならびに消費生活センターといった機関や、日弁連、各弁護士会、法テラス、司法書士連合などでも相談員がいて対応してくれます。

団体以外に弁護士個人の事務所でもこういった無料相談を行っていることが多いですから、引き伸ばすよりは早めの相談をお勧めします。


借金が整理できればいいなと思っていても利用中のクレジットカードも失いたくないという人の場合、債務整理の中でも任意整理によることで持ち続けられることもあります。

任意整理では整理する債権者を好きに選ぶことができるため、任意整理を行う債権者の中から残したいカード会社を除けばカードはそのままという訳です。

とは言え、任意整理自体が信用情報に傷をつけることになるので、それが原因でカード更新時に停止となることが見込まれます。

心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になる術の一つに債務整理が考えられます。

債務整理というのは任意整理、民事再生、自己破産の手続き3種類を全て含んだ名称です。

さらに過払い金請求も債務整理の一種とする場合もあります。

全て異なる手続きになっていますので、知識を備えた上で差し当たりの状態に適切な方法を取って、借金の債務整理を成功に導いてください。

債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、はじめに、身分証明書と印鑑、利用中のクレジットカード、そして借入の現況が確認できるものをなるべく多くです。

あわせて、資産があることの証明書を求められることがあります。

仮に契約書が残っていないとか、クレジットカードがなくなっていても、調べることは可能ですから諦めないでください。

トップへ戻る