さいたま ヤミ金 無料相談

さいたまでヤミ金の無料相談ならこちら

さいたまでヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですのでさいたまでヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

さいたまでヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

さいたまでヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・さいたま対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所としてさいたまでヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

さいたま市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

埼玉県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、南埼玉郡、北葛飾郡

 

さいたま市に隣接している市町村

上尾市、川口市、朝霞市、川越市、志木市、戸田市、蓮田市、富士見市、蕨市、春日部市、越谷市、白岡市

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、金融機関でローン審査をパスできなくなることは、まずないでしょう。

ですが、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。

よく言われるのが、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。

平たく言えば、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が約5年間から10年間と違いがあります。

たとえ、人には言い辛い内容であっても、弁護士にはすべて正直に話してください。

互いの信頼関係に関わります。

債務整理で自己破産の手続きを行うということは、資産がなくなり、これ以上の返済が不可能だということが裁判によって立証されたということなのです。

まだ財産があるのなら、自己破産はできないことは当然ですし、債権を放棄した会社も納得しません。

嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、間違っても嘘をつくようなことはしないでください。


債務整理と名のつくものは自己破産であれ任意整理であれ自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、賢明な選択とはいえないと思います。

債権者との交渉が主体となる任意整理では、債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、返済額が激減する個人再生を行う際は必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。

自己破産の場合は個人の申し立てを事実上受け付けない裁判所もあります。

ですから債務整理というのはやはり法務事務所や法律事務所に依頼するのが一番です。

債務整理なら種類を問わず、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定によりすべて禁止です。

ただ、任意整理の場合は手続き中に先方が訴訟という手を打つことがあります。

そもそも任意整理というのは裁判所を介さない手続きですが、債権者は自らの権利で訴訟を起こしているのであって違法ではありません。

弁護士ができるのは訴訟の取り下げ交渉のみです。

一部の消費者金融では、任意整理となるとお決まりのように訴訟に出る業者もいるほどです。

訴状が家に届いて驚く方もいるようです。

どうしても弁護士に依頼するための着手金を用意できないという時でも、任意整理をはじめとした債務整理全般を引き受けてくれる法律事務所はあります。

誠意を見せるという意味でも手付金を出来る限り支払うようにするのです。

本来の着手金との差額は、介入通知を送付してからローンの返済が一時的にない期間を利用して毎月積立をして、最終的に成功報酬も含めた上で一度に相殺するのが無理のない方法です。

ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。


任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、さほど問題にされることがないですが、債務整理を自己破産で行う時には、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が許可されないのみならず詐欺罪の容疑をかけられる事も考えられます。

任意整理による債務整理では、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

ところが、元金のカットも要求するとなれば、かなり困難です。

担当の弁護士や司法書士がうまく交渉を運べば減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば確実に債権者が損をするので、なかなか聞き入れないでしょう。

借金の元がパチンコや競馬などギャンブルである時も債務整理をしてもかまいません。

しかし、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで返済義務は依然としてある方法に限られます。

自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、ギャンブルで作った借金については免責不許可事由に当てはまってしまい、もし破産を裁判所に申し立ててもあまり免責は期待できません。

トップへ戻る