さいたま ヤミ金 無料相談

さいたまでヤミ金の無料相談ならこちら

さいたまでヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですのでさいたまでヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

さいたまでヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

さいたまでヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・さいたま対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所としてさいたまでヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

さいたま市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

埼玉県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、北足立郡、入間郡、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡、南埼玉郡、北葛飾郡

 

さいたま市に隣接している市町村

上尾市、川口市、朝霞市、川越市、志木市、戸田市、蓮田市、富士見市、蕨市、春日部市、越谷市、白岡市

 

債務整理コラム

実際に債務整理をすると、会社にバレてしまうのではないかと思い、借金を抱えたままになっている人がいますが、債務整理したことが会社に知られることは、ほぼありえません。

債務整理の中でも任意整理を行ったのなら絶対に大丈夫です。

なお、そのほかの債務整理を選んだ場合でも、依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、債務整理の事実が会社に伝わることはありません。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。

債務整理で残った債務を無事に完済し終えても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを組んで高額な商品を購入することが簡単にはできなくなります。

その理由は、借金を債務整理によって整理したとなると、ブラックリストに情報が保存されることが原因です。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、時間を置く必要があります。

債務整理を行う場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

もし、任意整理を考えているのなら、任意整理を行う債権者を1社ごとに選ぶので、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

けれども、強制力はありませんから、交渉できない債権者もいます。

もし、個人再生をした場合は、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。


生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

例えば自己破産のケースでいうと、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。

一方、個人再生の際は、生命保険は解約せずに済みますが、解約して戻ってくるお金は資産扱いされますから、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

任意整理の場合は解約義務もないですし、返済額も返戻金の影響を受けません。

銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、債務整理をしたという履歴が何年間は保持されます。

転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。

簡単に言えば個人信用情報のデータベースにアクセスできる金融業界に転職や就職したいときです。

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、状況次第ではそれが元で採用を見送るケースもあります。

どう対処するかは会社によって違うでしょうから、運に頼るしかありません。

自己破産や個人再生の手続きを行う際には債権者全部が対象ですが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に処理していくので、かならずしも債権者すべてを対象とせず、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

とはいえ交渉そのものは任意となっているので、相手方が応じてくれなければ借金が減額されないまま残ることになります。


月々の返済が大変な時に起こすアクションという点は通じますが、一般的には、任意売却は購入した不動産のローンの返済がどうしようもなくなった際にその不動産を売却することを選びローンの返済に充当する事です。

それに対し、債務整理は支払うのがもはや無理だという借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。

状況次第では不動産ローンと借金のどちらも支払えなくなる場合も考えられるため、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚をするならば、生活費に費やすための借金などそれが婚姻生活を送る上で出来たものだと夫婦間の財産分与に含まれ、分配されます。

財産というのはプラスに限らず、マイナスでも財産は財産なのです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、婚姻中の借金でもギャンブルなどで作られた個人的なものだったならば財産分与からは除外されます。

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産、もしくは、個人再生の場合は官報に個人情報が載ってしまうことが債務整理をして抱えることになるリスクです。

ただ、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、日頃から官報を確認しているような人はごく一部です。

それと、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる恐れがあります。

トップへ戻る