大津 ヤミ金 無料相談

大津でヤミ金の無料相談ならこちら

大津でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので大津でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

大津でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

大津でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・大津対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として大津でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

大津市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

滋賀県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、野洲市、湖南市、高島市、東近江市、米原市、蒲生郡、愛知郡、犬上郡

 

大津市に隣接している市町村

草津市、栗東市、甲賀市、高島市

 

京都府:京都市、宇治市、綴喜郡宇治田原町

 

債務整理コラム

多重債務の状態になっている人は、債務整理をする前にまず、今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

債務総額こそ減らないのですが、ひとつの大きな借金になるので、金利を下げることができると思います。

借入先がひとつになったことで、それぞれの会社の返済日を確かめる必要もありません。

債権者の数が多すぎると、おまとめローンも組めないこともありますが、その時に弁護士などに債務整理を依頼するのも良いでしょう。

仮に今ある借金を債務整理で処分しても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むことも制限されません。

ですが、注意しておきたいのは、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。

もし債務整理をした人に子供がいたのなら、子供の教育のためのローンが使えるか否かは、大きな問題です。

おおまかに分けると、教育ローンには、銀行などのサービスと、一般的に「国の教育ローン」といわれる日本公庫が提供しているものの二つがあります。

これらの金融機関は、いずれも信用情報機関の情報を共有しているため、金融事故歴が残っている状態では教育ローンの審査をパスすることができなくなります。


個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで交渉することになります。

債権者全員を対象とするよりは、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に任意整理の申立をします。

しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、もし債権者がいやだと言えばその債権者に対する債務は減額されません。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、免責される自己破産とは訳が違い、返済すべき債務が残っています。

その返済をおろそかにすると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、それまでの延滞金を合わせた一切の債務を一括返済するよう要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。

再生契約や和解の取り決めは順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な手段を債務整理時に選んだ場合は、司法書士は弁護士にように債務者の代理人にはなれません。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの仕事をすることになります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。

自己破産の場合は免責になるだけに、複雑なやりとりも予想されますから、申立に弁護士を使わないと、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。


今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

ところが、総量規制が採用される以前に三分の一をオーバーする借入をしていた人もいるでしょう。

それから、銀行からの借入は貸金業とは異なり総量規制に引っ掛からないことで、いつしか年収を超えるような借金になっている例も多々あります。

そのような場合はとても辛い返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。

借金を抱え債務整理をしている中で離婚することになったら、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活から生まれたものだとマイナスの財産として分与の対象となります。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスであっても同じく共同財産なのです。

なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら財産分与の対象外です。

財形貯蓄では、毎月支給される給料から天引きして貯金することです。

債務整理の方法に自己破産を選んだ人の場合、その貯金額と手元に置いている現金の合計額が法が策定している上限額以上となったら、財形貯蓄は解約して上回った分の額の処分が必要です。

なお、オーバーしていない時でも、裁判所に対して残高証明の提出が必要です。

これは取引先金融機関あるいは勤務先に申請すれば発行してもらうことができます。

トップへ戻る