大阪 ヤミ金 無料相談

大阪でヤミ金の無料相談ならこちら

大阪でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので大阪でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

大阪でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

大阪でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・大阪対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として大阪でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

大阪市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

大阪府全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市、三島郡、豊能郡、泉北郡、泉南郡、南河内郡

 

大阪市に隣接している市町村

豊中市、吹田市、摂津市、門真市、大東市、東大阪市、守口市、八尾市、堺市、松原市

 

兵庫県尼崎市

 

債務整理コラム

債務整理をすると、借金地獄からは解放されるものの、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといった問題もあります。

ここで問題になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

結果的に、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。

選べる物件の数が減るとはいえ、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。

債務整理をするとブラックリストに名前が載るので、時間が経たなければ、キャッシングサービスを利用することは不可能になります。

こうしたブラックの状態は、どのような債務整理をしたかで解除されるまでの時間が変わります。

けれども、収入が安定していて、なおかつ、今の職場に長く勤めている場合は、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、キャッシングも可能かもしれません。

どの債務整理を行ったかによって借入ができる可能性が異なりますが、任意整理が最も高く、次が個人再生、最後が自己破産になります。

債務整理は、弁護士に依頼することをおススメします。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関われないと、法律で明記されているからです。

弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。

その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、依頼したその日のうちに、債権者からのしつこい取り立てを止めてもらうことができます。


掛け捨てなら関係ないのですが、返戻金がある生命保険だと、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

たとえば自己破産なら、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

一方、個人再生の際は、自己破産のように解約を迫られることはないのですが、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、返済額に影響することもありません。

督促状などの封筒が見覚えのない会社からのものに変わっていることに気づいた経験はないでしょうか。

それはいわゆる債権回収業者などに債権そのものを譲渡したものと考えて良いでしょう。

債権譲渡の連絡も送付されているはずです。

こうした時でも債務整理の手続きをすることは不可能ではありませんが、交渉する相手先が元の借入先ではなくサービサーなどになります。

また、債務整理の介入通知を送付することで、新債権者からの督促や連絡などの行為は手続が終わるまでは停止しますから安心してください。

自己破産や個人再生など裁判所を通じて行う債務整理は債権者全員を対象として行いますが、借入先ごとに1件ずつ手続きするのが任意整理です。

したがって全部の借入先に対して交渉するのではなく、たいていは減額幅の大きい相手を選んで行います。

さほど債務が残っていない貸主まで対象に含めると、債務整理をお願いした弁護士(司法書士)に対する費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。


普通、絶対に債務整理を行ったらブラックリスト入りは免れないとよく考えられていますが、ブラック入りしない方法が一つだけあり、それが過払い金請求です。

通常は払わなくても良かった利息の分が戻ってくるだけですから、それによって完済できたなら事故ではないと理解されるのです。

ですが、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。

ですが、元金の減額も希望する時は、ハードルは高いでしょう。

担当弁護士や司法書士の交渉力によっては減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば確実に債権者が損をするので、滅多な事では受け入れられません。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ですが、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、一部か全部の返済を放棄した時は、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者に掛け合って分割払いにしてもらう事は不可能ではありません。

トップへ戻る