岡山 ヤミ金 無料相談

岡山でヤミ金の無料相談ならこちら

岡山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので岡山でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

岡山でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

岡山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・岡山対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として岡山でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

岡山市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

岡山県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気郡、都窪郡、浅口郡、小田郡、真庭郡、苫田郡、勝田郡、英田郡、久米郡、加賀郡

 

岡山市に隣接している市町村

倉敷市、玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、加賀郡吉備中央町、久米郡久米南町、美咲町、都窪郡早島町

 

(海上で隣接)
香川県:小豆郡土庄町

 

債務整理コラム

後ろめたいことがあったとしても、弁護士にはすべて正直に話してください。

弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。

本来であれば、自己破産は今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。

まだ返済の見込みがあるのなら、そもそも債務整理の意味がありませんし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、きちんと伝えるようにしましょう。

債務整理したらブラックになってしまいますが、その影響が身内にまで及ぶことは殆どありません。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、その家族はローンやキャッシングを使うことも問題ありません。

ただし、注意してほしい点もあります。

家族の中に保証人がいるという場合は、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。

債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

ですが、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。

なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、一部の返済を続けなけばなりません。

残った債務は金利がかかりませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、間違いなく延滞損害金が追加されます。

また、一括で請求されることもあるので、返済はきちんと行うようにしましょう。


自己破産では借金が免責になりますが、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は一定の職種について就業できないことがあります。

士業と呼ばれる中では弁護士、司法書士、公認会計士がそれで、ほかに宅建取引業者なども該当します。

それらの業種や資格保有者については、免責と自己破産の申し立てをしてから自己破産の手続きが完了するまではその職種の仕事はできないということになります。

しかしそれは自己破産だけで、個人再生や任意整理では、職業や資格の規制はありません。

住宅ローンの支払いやカーローンなどが完済できないまま債務者が自己破産を行うと、返済途中のローンは解約となり、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために手放さなければなりません。

自己破産以外の債務整理ではそのような債務の契約は継続されるので、返済は従来通り続ける必要があります。

また、これらを売却して返済に充てることはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、「解任」ということになります。

それを省いてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。

元々依頼した法務事務所との契約はきちんと解約して、あらためて新しいところと委託契約を結んでください。


債務整理の委任を弁護士や司法書士にしたい時、費用を確保するのができなさそうなら法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、金銭的に余裕のない人のために民事法律扶助制度に基づいて、債務整理を弁護士または司法書士に依頼する際の経費を立て替えることで、一挙に高額の支出をせずに済むようにしてくれます。

事故情報の記録が信用機関に残っている期間は、ざっと5年程というのが通説です。

信用機関では、個人の金融情報が金融業者たちによって共同利用されています。

ローンやクレジットカードの審査を行う時、金融業者はここから個人情報の提供を受けます。

そのため、住宅ローンを希望しても債務整理をしてから5年未満ならば極めて厳しいでしょう。

債務整理を視野に入れたら、留意しておいてください。

新規で賃貸の物件を契約しようという時に、審査に債務整理の経験が加味されたりということはありえません。

なぜなら、金融会社が参照することのできる信用情報機関が持つ事故情報というのは、仮に不動産会社が参照したいと思ってもできるものではないからです。

したがって、債務整理を行っているから引っ越しに不都合が生じるということはありません。

ですが、現在、自己破産を申し立てていて、その免責がまだ下りていない場合は、引っ越しには裁判所の許可が必要ですので覚えておいてください。

トップへ戻る