岡山 ヤミ金 無料相談

岡山でヤミ金の無料相談ならこちら

岡山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので岡山でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

岡山でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

岡山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・岡山対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として岡山でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

岡山市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

岡山県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気郡、都窪郡、浅口郡、小田郡、真庭郡、苫田郡、勝田郡、英田郡、久米郡、加賀郡

 

岡山市に隣接している市町村

倉敷市、玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、加賀郡吉備中央町、久米郡久米南町、美咲町、都窪郡早島町

 

(海上で隣接)
香川県:小豆郡土庄町

 

債務整理コラム

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

ちなみに、保存期間ですが、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICでは債務整理の方法によって期間が変わり、自己破産ならば約5年、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、情報が残ることはありません。

この期間中ですが、キャッシングが利用できないといった問題があります。

以前、借金地獄に陥り、数百万円の借金を負ってしまいました。

当時働いていた会社が事情により倒産し、無職になったことがきっかけでした。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

その後、しばらくして就職はできたのですが、借金は減るどころか滞納状態が続いたため、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

もし債務整理をしたとしても、その影響が身内にまで及ぶことは殆どありません。

借金を債務整理で処分した人が身内にいようと、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、家族は従来通り、キャッシングやローンを組むことも可能でしょう。

とはいえ、注意してほしい点もあります。

保証人が家族の場合は、本人の借金が、保証人である家族に降りかかってしまいますから、安易な債務整理はおススメできません。


借入先から督促や取立てがある際に自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、債権者に対して弁護士や司法書士から「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、一切の催促、連絡行為は止みます。

万が一、債権者から返金の催促や連絡が来るようなことがあったら、担当する弁護士に即、相談し、対応してもらいます。

連絡は法律で禁止されています。

債務整理を始めたら相手をする必要はないのですし、何かしようと思ってはいけません。

家や車などのローンを完済する前に自己破産の手続きをせざるをえない状況になると、その時点で返済しているローン契約は解除となり、自宅も自動車も借金の返済のために手放さなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、今まで通り支払う必要があります。

つまり月々の支払いさえ遅滞なく行っていれば問題ないわけで、返済金捻出のために家や車等を売る必要もなく、強制されることもありません。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたら雇用者に知られるのは避けられないと考えがちですが、それは間違いです。

自己破産は別として、その他の債務整理では自分さえ黙っていれば、会社に知られる可能性はありません。

ただ忘れてはならないことは、公務員共済などで借入が残っていたりすると、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を受ける時はあらかじめ担当者本人が絶対に債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が発表しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、面と向かって面談することをせず引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務への違反となります。

非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうあっても誰にも弁護士事務所に行くことを知られたくない。

もしくは事務所に足を運ぶのは忙しくて無理だという場合は、ネットを使ってメールでの相談が可能な事務所も少なくありません。

やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、一番気兼ねせず相談ができる方法でしょう。

債務整理を一度したことのある人がさらに債務整理をしたい場合、一回目にとった債務整理の方法次第で別の手続きになります。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

二回目の債務整理は原則として一回目より承認が得られにくく、二回目の自己破産ならば尚のこと一層難しくなることを覚悟しましょう。

トップへ戻る