大分 ヤミ金 無料相談

大分でヤミ金の無料相談ならこちら

大分でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので大分でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

大分でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

大分でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・大分対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として大分でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

大分市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

大分県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡、速見郡、玖珠郡

 

大分市に隣接している市町村

別府市、臼杵市、竹田市、豊後大野市、由布市

 

(豊予海峡を挟んで)愛媛県:伊方町

 

債務整理コラム

借金の返済が不可能になって債務整理で借金を処分したのなら、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

記録が消えるまでは、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICならば、自己破産の情報は5年、その他の債務整理の場合は登録自体がされないようになっています。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングやローンの審査が通らないでしょう。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚を控えていてもとくに問題が生じることはありません。

債務整理の結果、相手が債務を肩代わりする可能性はゼロです。

とはいえ、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

正直に事実を伝え、実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

実際に債務整理を行う際の注意点です。

これは借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、手続きをしてからすぐに認められるわけではなく、数ヶ月の期間が必要です。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

しかし、どこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。

新たな借金の事実が伝わってしまうと、裁判で不利にはたらき、減額の許可が下りなくなったりすることもあるため、絶対にやめましょう。


結果が出た時の報酬(司法書士報酬)の支払い用として、個人再生や任意整理の依頼時から司法書士や弁護士に勧められて始めた積立金は、報酬や経費を払って余った分は本人に返金されます。

まとまった額を積み立てる苦労はあるものの、最後に成功報酬に充当するわけで、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)を積立にするのですから、うっかり散財しないで済みます。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲で積み立てに回した方が良いでしょう。

どういった債務整理であれ、結果が出せるまではどうしても時間がかかるものです。

債務整理の一種である任意整理の場合は、最初に弁護士等に依頼して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。

こうした処理を行っている最中は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、貸金業者などの中には貸金返金を求めて訴訟を起こしてくるところもあります。

積立タイプの生命保険に入っているときは、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

自己破産については、解約返戻金を返済に充てるために解約を求められるはずです。

ただし返戻金が20万円以下の場合は対象外となります。

収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻金の額が多ければ返済金額に影響してくるでしょう。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。


新たに賃貸物件の契約を行う人にとって、審査に債務整理の経験が加味されたりということはありえません。

理由は、信用情報機関で管理されている事故情報は金融会社しか参照できず、不動産会社が確認することは出来ないためです。

よって、引っ越しに際して債務整理の影響を懸念しなくても大丈夫です。

ですが、自己破産の申立を行った人は、免責が認められるまでの間、引っ越しには裁判所の許可が必要ですので気をつけなければなりません。

返済義務を持つ全ての債務について免責が受けられるのが自己破産というものですが、これを申請しても状況次第では免責が認められません。

借入金の用途がまずかったりするとそうなってしまいます。

例を挙げると、ギャンブルとか投資に溶かしていた場合や、べらぼうな金額の買い物を重ねていたりする場合がそれに該当します。

免責がこれにより許されない場合には、債務整理を異なる手段で行うしかなくなります。

保証人がついた借金の場合は、保証人にまで債務整理の影響が広がります。

債務整理を行った方法によってその影響は変わり、任意整理や特定調停の場合には書類の記入をしてもらうことにはなるものの、保証人に対して返済の請求はされません。

ですが、個人再生や自己破産では、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、全額の返済を保証人が負うことになってしまいます。

トップへ戻る