大分 ヤミ金 無料相談

大分でヤミ金の無料相談ならこちら

大分でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので大分でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

大分でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

大分でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・大分対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として大分でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

大分市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

大分県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡、速見郡、玖珠郡

 

大分市に隣接している市町村

別府市、臼杵市、竹田市、豊後大野市、由布市

 

(豊予海峡を挟んで)愛媛県:伊方町

 

債務整理コラム

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、違法な金利で支払わされた利息のことです。

以前は貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、借りた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

この払い過ぎた分が過払い金です。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、今ある借金を返せるかもしれません。

債務整理をすると、時間が経たなければ、キャッシングサービスを利用することはほぼ100%できなくなってしまいます。

またサービスが受けられるようになるまでに必要な時間ですが、債務整理の方法で異なるでしょう。

けれども、安定した収入が望め、なおかつ、今の職場に長く勤めている場合は、審査基準が緩い消費者金融で借入もできるでしょう。

任意整理、個人再生、自己破産の順で、債務整理後の借入可能な確率が下がっていきます。

後ろめたいことがあったとしても、債務に関することは、弁護士にきちんと話しておきましょう。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

本来であれば、自己破産は財産がないということが証明されてこそ、行えるものです。

まだ返済の見込みがあるのなら、自己破産の許可はおりませんし、債権者だって減額を許可しないのは確実です。

嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、正直に伝えるようにしてください。


すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、個人再生、任意整理、自己破産といった債務整理を行うことはできません。

また、司法書士が扱う任意整理は借入先1件ごとの債務額が最大140万円まで(利息込)と制限されています。

さらに、個人再生や自己破産の手続きをする場合、書類の作成は代行してくれるものの、弁護士は代理人になれますが、代理人として司法書士を任命することは原則としてできませんので、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

相談無料というのは最初のうちだけで、現実に弁護士等に依頼して債務整理を行う際は、仕事を依頼しました引き受けましたという意味での着手金が必要です。

とくに金額に決まりはありませんので、事務所によって違います。

それと、裁判所の管轄である自己破産と個人再生では、先に成功報酬の金額が決まっている場合が多くて判りやすいのですが、任意整理となるとその成功報酬は和解内容次第で差があります。

よく「破産」などと言いますが、債務整理の手続きは3通りあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、借金が免責になる自己破産があります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、本人に収入がなければ選択することはできません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の減額を目的としているため手続きが終了したあとも債務を返済していく必要があります。

完済まではずっと借金を返していくのですし、安定収入は欠かせないものなのです。


これまでに債務整理をしたことがある上で、それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

債務整理が個人再生あるいは自己破産によって行われた人であれば、以降7年間は二度目の債務整理は行えません。

任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。

概して二度目の債務整理は最初に行ったときよりなかなか認められにくいのですが、二回目の自己破産ならば尚のこと相当な難しさになるでしょう。

任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、それほど問題にされないのですが、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、財産隠しは決してやってはいけない事の一つに挙げられます。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で上限の取り決めがあります。

基準以上の分は処分することが求められますが、もしも隠していた事が知られれば免責が認められないことはもちろん悪ければ詐欺罪の疑いを持たれてしまいます。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますが何がメリットか一つ一つ異なります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は引き続き保有できます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、それだけでなく借金の利率や借りていた期間次第では過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

トップへ戻る