奈良 ヤミ金 無料相談

奈良でヤミ金の無料相談ならこちら

奈良でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので奈良でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

奈良でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

奈良でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・奈良対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として奈良でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

奈良市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

奈良県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市、山辺郡、生駒郡、磯城郡、宇陀郡、高市郡、北葛城郡、吉野郡

 

奈良市に隣接している市町村

生駒市、大和郡山市、天理市、桜井市、宇陀市、山辺郡山添村

 

京都府:木津川市、相楽郡笠置町、精華町、南山城村
三重県:伊賀市

 

債務整理コラム

カードローンはいざという時の助けになりますが、使い方によっては借金が膨らんでしまうことがあります。

これ以上の返済が不可能になった時には債務整理が有効な手段になります。

個人再生などの債務整理をすれば、裁判所の判決によって借金を帳消しにしたり、大幅に減額してもらえます。

なので、複数の借金返済の重荷が外れて、苦しい生活から抜けだせるでしょう。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

よく言われるのが、ブラックになってしまうという点でしょう。

平たく言えば、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

具体的な期間についてですが、どのような債務整理の方法を選択するかによってブラックリストに載っている期間が5年から10年の間で差があるため、一概には言えません。

債務整理をすると、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

債務整理の方法は様々なので、行った債務整理が違えば時間も変わります。

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、絶対に3か月は必要になります。

なお、借り入れ先が多数に及んでいるという場合は、その分時間がかかります。

人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になることも珍しくありません。


受任通知の宛先として銀行を含む債務整理をすると、本人名義の口座がそこにあればおそらく凍結されるでしょう。

なぜかというと、預金があれば債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、自己破産をした場合には預金残高が20万円に満たないときは借金の返済に充てなくても良いと定められているため、上限20万円を超えた部分のみが負債の支払いに充てられます。

ただ凍結が解除されないと、家賃や光熱費の引き落しができません。

たとえ弁護士に着手金が払えない状態でも、任意整理をはじめとした債務整理全般を引き受けてくれる法律事務所はあります。

一般的には着手金に代わるものとして手付を持って行き(あとで着手金に充当します)、本来の着手金との差額は、介入通知を送付してから債務の返済をしなくても良い時期(3か月から半年程度)に積み立てをして、諸経費や成功報酬などと共に最後に清算するのです。

いわば支払いを事前に分割払いする感じです。

債務整理の相談に行った際は、このような積立方式について説明があるでしょう。

債務の返済が滞り、裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。

もっとも出来ることといえば訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれる場合もあります。

そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。


借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、そこで非免責事項に規定されているものは支払義務が消えません。

例を挙げると各種税金、養育費、罰金などです。

ただ、一緒に扱われがちですが、養育費が非免責事項であるのに対し、離婚で発生した慰謝料は免責になる場合があります。

通常、一個人として債務整理が行われるため、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ですが、例に当てはまらないものもあり、夫が債務整理をしたという専業主婦は、クレジットカードの利用が停止される場合があります。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると落ちてしまうことも否定できません。

弁護士および司法書士は、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者本人が絶対に債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が発表しています。

メールや電話で事前相談をする事もできますが、対面での面談なしに引き受けるような弁護士ないし司法書士がいたならば、この面談義務に反しているという事です。

トップへ戻る