那覇 ヤミ金 無料相談

那覇でヤミ金の無料相談ならこちら

那覇でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので那覇でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

那覇でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

那覇でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・那覇対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として那覇でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

那覇市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

沖縄県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、宮古島市、南城市、国頭郡、中頭郡、島尻郡、宮古郡、八重山郡

 

那覇市に隣接している市町村

浦添市、豊見城市、島尻郡南風原町、中頭郡西原町

 

債務整理コラム

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといった問題もあります。

そして、誰もが気になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

調べてみると、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、借りることは不可能ではありません。

債務整理を行う場合、どれくらいの借金があるのが妥当なのかというのも、一概には言えません。

借金の総額が数十万円といった場合は、他の業者などで融資を受け、以前の借金を支払うという方法も、不可能ではないでしょう。

ただ、多重債務者の状態では、おそらく相当苦労しなければお金の工面ができないと思います。

ともかく、借金の返済が苦しくなった時点で弁護士を訪ね、債務整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言をもらうのが良いでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは金融機関のローンを組むことも簡単にはできなくなります。

それというのも、債務整理者は金融事故歴があると信用情報機関に情報が保存されることが原因です。

約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、この期間は金融サービスを受けることは諦めましょう。


一般に債務整理というのは結果を出すまでに手間と時間がかかるは覚悟しておかなければいけません。

たとえば任意整理でしたら、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、最低でも2か月ほどは必要で、時には半年かそれ以上かかるパターンもあります。

本来、こうした手続きをしている間は、取立てはもちろん債権者から債務者へ連絡することすら禁じられています。

しかし、貸金業者などの中には貸金返金を求めて訴訟を起こしてくるところもあります。

延滞を繰り返すと債権者から督促を受けるようになりますが、そこで自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理を行った場合、弁護士等から借入先あてに介入通知が送られ、受領日以降は一切の催促、連絡行為は止みます。

もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、ただちに担当弁護士(司法書士)にその旨を伝えるようにしましょう。

禁止されているのにわざわざ相手をする理由はないわけですし、何かしようと思ってはいけません。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、必要に応じて債務整理をすることはできます。

そこで一般的に行われるのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、先に決めた合意内容にのっとって返済していくことになります。


通常、一個人として債務整理が行われるため、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

ところが、例外も存在しており、既婚男性が債務整理をしたとしてその妻が専業主婦ならば、クレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

審査の基準が夫の支払い能力であるからというのがこの理由です。

それだけでなく、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば審査に通らないこともありえます。

債務整理の方法全てと変わらず、自分で過払い金返還請求をする事は可能です。

この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

取引履歴が開示される前にそれを受け入れると、いくらの過払い金が発生しているか不明に終わってしまいます。

軽々しくゼロ和解を受けると損が出てくることも考えられます。

過去に債務整理を行っている人が、 それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手続きに差があります。

債務整理を個人再生または自己破産により行った人だと、次の債務整理は7年以上経ってからでないとできません。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

二回目の債務整理は原則として一回目よりなかなか認められにくいのですが、かつ二回目の自己破産ともなると、相当な難しさになるでしょう。

トップへ戻る