名古屋 ヤミ金 無料相談

名古屋でヤミ金の無料相談ならこちら

名古屋でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので名古屋でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

名古屋でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

名古屋でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・名古屋対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として名古屋でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

名古屋市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

愛知県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡、西春日井郡、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡、北設楽郡

 

名古屋市に隣接している市町村

瀬戸市、春日井市、東海市、大府市、尾張旭市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、西春日井郡豊山町、海部郡大治町、蟹江町、飛島村

 

債務整理コラム

債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理というものは、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

もし、任意整理を考えているのなら、1件ごとの債権者が対象になるため、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、裁判所を通していないので、交渉できない債権者もいます。

もし、個人再生をした場合は、今あるすべての借金を大幅に減額できますが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。

もし債務整理をした場合、所有しているクレジットカードが更新のタイミングで利用不可能になるかもしれません。

ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に事故歴が記録され、加盟業者がこの情報を共有するためです。

更新日を迎えずとも、利用不可能になる可能性もあるので、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、他の方法を考えなければいけません。

どれだけ公言しにくいことでも、自己破産する時には、すべてを正直に弁護士に申告しましょう。

債務整理の手続きが上手くいかなくなるかもしれません。

そもそも自己破産は、今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。

まだ財産があるのなら、債務整理を行うわけにはいかないのはもちろん、債権者も怒るでしょう。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、正直に伝えるようにしてください。


任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、自己破産のような完全な免責とは違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

その返済をおろそかにすると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、延滞期間に相当する遅延利息を含め、全額の一括返済を求められるはずです。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。

結果が出た時の報酬(司法書士報酬)の支払い用として、個人再生や任意整理の依頼時から弁護士等に指定された口座に貯めていた積立金は、成功報酬の精算が済んだあとは本人の手元に戻ってきます。

それなりの額を積み立てるのは大変かもしれませんが、分割払いで成功報酬を払うのと同じですし、本来は毎月の返済に充てるはずの費用をムダ遣いせずに済むという利点があります。

弁護士との相談で金額を決めると思いますが、可能な範囲で積み立てるようにしましょう。

受任通知の宛先として銀行を含む債務整理をすると、そこに口座を保有している場合は凍結という措置が取られるはずです。

つまり、預金があるのであれば債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、自己破産をした場合には同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は借金の返済に充てなくても良いと定められているため、上限20万円を超えた部分のみが借金返済に回されます。


親戚や友人がしている借金の保証人になっている場合は、もし債権者からの取立てがあっても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

けれども、自己破産や個人再生による債務整理を行った債務者が一部か全部の返済を放棄した時は、返済されていない分の取立てが債権者から保証人に対して始まります。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者に談判をして返済を分割払いにする事はできます。

かつては出資法に則って、利率が利息制限法をオーバーするような貸付がありふれていました。

利息制限法の上限から出資法の上限の間の利率での貸付をグレーゾーン金利と呼びます。

現代では金利が利息制限法の上限を超えていると法律違反です。

ですから、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

月々の支払が難しいという時の措置という点は通じますが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返済に追い込まれた場合にその不動産を売って売却金をローンの返済に充当する事です。

かたや、債務整理は返済が困難な借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。

何がしかの理由によって不動産ローンと借金のいずれも支払えないという場合も考えられますので、そのような時は任意売却と債務整理がどちらも必要になります。

トップへ戻る