松山 ヤミ金 無料相談

松山でヤミ金の無料相談ならこちら

松山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので松山でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

松山でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

松山でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・松山対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として松山でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

松山市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

愛媛県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

松山市、今治市、宇和島市、八幡浜市、新居浜市、西条市、大洲市、伊予市、四国中央市、西予市、東温市、越智郡、上浮穴郡、伊予郡、喜多郡、西宇和郡、北宇和郡、南宇和郡

 

松山市に隣接している市町村

東温市、今治市、伊予郡松前町、砥部町、上浮穴郡久万高原町

 

(海上により隣接)
山口県:大島郡周防大島町
広島県:呉市

 

債務整理コラム

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。

少し経ってから無事に再就職しましたが、それまでの債務があまりに大きく、返済しきれなくなったため、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

最近では、債務整理を行う人も珍しくありません。

債務整理をすると、払いきれない利息を整理できますが、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどのデメリットも存在します。

さて、ここで知りたいのはアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

選べる物件の数が減るとはいえ、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、債務者以外の家族に問題が生じることはないです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなるようなことはありません。

ただ、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。


司法書士や弁護士も仕事で実績を積まなければ認められないのは同じで、その分野の実績値は同じ年齢でも異なります。

実際に債務整理の実績が全くない弁護士などにも遭遇しますし、安易に依頼せず、それなりの実績のある弁護士(司法書士)を探して依頼しなければ良い結果は出ません。

最近では債務整理に特化した弁護士(法律事務所)や司法書士(法務事務所)も少なくないので、手続き中のストレスも非常に少なくて済むようです。

債務整理は大きく3通りありますが、任意整理だけは裁判所の介入なしで可能です。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

とはいえ、必ずしも当事者が裁判所に何度も行かなければいけないかというと、そうでもありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、個人再生であれ自己破産であれ、どちらにしても債務者の代理人として弁護士が立ち、大半の出席、応答、手続き等を代行してもらえるのです。

司法書士ではこうはいきません。

返済の催告を無視して訴えられ、裁判所から特別送達が送られてきてからでも、本人が希望するなら債務整理は可能です。

その際とられるのは主に裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

そして交渉が進んで合意に至れば、裁判で回収する理由がなくなるので訴訟は取り下げになり、その後は和解交渉の結果に沿って返済するのです。


借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、債務整理で保証人にも影響が及びます。

債務整理に選んだ方法に応じてどのような影響となるかは異なり、まず任意整理や特定調停においては書類の記入が必要なだけで保証人が借金の取り立てを受ける事はありません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、請求が債権者から債務者ではなく保証人にされることも可能となるので、返済額すべての支払いを保証人が負うことになってしまいます。

申し込みや諸々の手続きが開始されたら、可能な限り早く片をつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。

しかし、債務が免除されたり減額されるという決定が下されるためには日数もそれなりにかかります。

選んだ債務整理の方法や、スペシャリスト(司法書士や弁護士など)に頼むのか、それとも自分で全手続きを網羅するのかなどの要素に応じてかかる時間には差があります。

債務者がどんな風に借金の整理を行うか次第で債務整理には4つの方法があります。

つまり、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つになります。

どの方法も圧縮が可能な金額はどれくらいなのかや間に裁判所が入るか入らないか等、異なる仕組みになります。

共通項と言えるのは、一定の期間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、それが消滅するまでは新しい借金は一筋縄ではいかないという事でしょう。

トップへ戻る