京都 ヤミ金 無料相談

京都でヤミ金の無料相談ならこちら

京都でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので京都でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

京都でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

京都でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・京都対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として京都でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

京都市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

京都府全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

京都市、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡、久世郡、綴喜郡、相楽郡、船井郡、与謝郡

 

京都市に隣接している市町村

宇治市、長岡京市、南丹市、亀岡市、向日市、八幡市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町

 

滋賀県:大津市、高島市
大阪府:高槻市、三島郡島本町

 

債務整理コラム

債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。

この期間は有限で、JICCのケースでは、任意整理、個人再生、自己破産のどれもがおよそ5年の保存期間になります。

あるいは、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の債務整理の場合は情報が残ることはありません。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はキャッシングやローンの審査が通らないでしょう。

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットも存在します。

多くの人が気にするのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

選べる物件の数が減るとはいえ、借りることは不可能ではありません。

弁護士などに債務整理の手続きを依頼した場合でも、数ヶ月は手続きが続くものだと思います。

けれども、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合は、自己破産と違ってまだ返済可能だと判断された債務が残っています。

この残った借金については、金利は発生しません。

ですが、こちらの債務も延滞するようになると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため返済期日は確実に守るようにしましょう。


遺産相続の際などに資産の洗い出しもせず単純承認で相続した結果、引き継いだ債務が資産の額を超えれば相続人は一気に借金を背負うことになってしまいます。

けれども、そうなれば債務整理という手段があります。

資産の一切を失う自己破産ではなく、資産は失わずに済む任意整理が行われるのが普通で、裁判所は通さずに、弁護士や司法書士を介して債務の減額を債権者に交渉していきます。

面倒な状況に巻き込まれないよう、遺産の相続は慎重に行いましょう。

任意整理で和解に達しても、債務が残り返済義務があります。

やっと債務整理の手続きが終わっても、期待したより債務が減らなかったといったパターンもあるようです。

したがって本当に任意整理が妥当なのかはじっくり検討する必要があるでしょう。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる司法書士や弁護士事務所もあるようですから、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。

住宅ローンや車のローンが残っているうちにローンの名義人が自己破産ということになると、それらのローンは解約され、売った代金を返済に充てるために、家や車は売却しなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、減額対象とはならないのが普通です。

また、これらを売却して返済に充てることはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者は絶対に自分で債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が掲げています。

メールや電話で事前相談をする事もできますが、実際に会って面談することなく弁護士か司法書士が依頼を受けた場合は、この面談義務に反しているという事です。

信用機関が事故情報を記録している期間はどれくらいかというと、ざっと5年程というのが通説です。

信用機関というのは、個人の金融情報を金融業者が共有できるようにするため設立されている機関です。

これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。

よって、債務整理をしてから少なくとも5年の間は住宅ローンを組もうとしても望み薄になります。

債務整理を視野に入れたら、注意しましょう。

普通、絶対に債務整理を行ったらブラックリスト入りは免れないという通説があるようですが、債務整理でも唯一ブラックにならない手段が存在し、それが過払い金請求です。

実際には払わなくても済んだ利息を取り戻しただけのことなので、それによって完済できたなら事故には該当しないと解釈されるのです。

しかし、発生している過払い金があっても金利の引き直しによって引き続き残債があるとすれば、ブラック入りは不可避です。

トップへ戻る