京都 ヤミ金 無料相談

京都でヤミ金の無料相談ならこちら

京都でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので京都でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

京都でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

京都でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・京都対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として京都でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

京都市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

京都府全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

京都市、福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市、乙訓郡、久世郡、綴喜郡、相楽郡、船井郡、与謝郡

 

京都市に隣接している市町村

宇治市、長岡京市、南丹市、亀岡市、向日市、八幡市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町

 

滋賀県:大津市、高島市
大阪府:高槻市、三島郡島本町

 

債務整理コラム

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産を指します。

一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、完了するまで、あまり時間がかからないというのが、人気の理由でしょう。

依頼を受けた司法書士などは、はじめに各債権者に対して受任通知を送るので、しつこい電話や郵便の取り立てから解放されます。

任意整理以外のケースでは裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。

債務整理をすると、借金の重荷は無くなりますが、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどの欠点もあります。

ここで心配になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。

なので、携帯電話会社への債務を整理しなければ携帯電話を解約せずに済みます。

なお、機種変更や新規契約については今まで通り行えますが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、機種料金は一括で払う必要があります。

でも、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、こういう訳にはいきません。


たとえば債権者に給料を差押えされている場合に債務整理をして、対象に差押え元の債権者が含まれていると、手続きを開始した時点で差押えは解除となります。

ただ、任意整理は例外で、強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

早いうちに和解が成立するよう司法書士や弁護士に働きかけてもらって、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、身動きがとれなくなってしまいます。

デザインが変わったかと思ったら、督促状の差出人が変わっていることに気づいた経験はないでしょうか。

社名変更というよりはこの場合、債権を回収業者(サービサー)に譲渡したと想定できます。

こうした時でも債務整理の手続きをすることはそれ以前と同様、できるのですが、対象が以前の債権者から次の債権者に移るという違いがあります。

それでも受任通知書を債権者に送った時点で、その回収業者等からの連絡、催促といった行為は一時停止の状態になるのは債権者が変わろうと変わりありません。

自己破産の手続きに入る場合は、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを借金の返済にあてられますが、これは自己破産ならではのシステムです。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えないでください。

過去の預金解約分まで記載を求められた例もありますし、あとで判明すれば最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなるわけですから、嘘はいけません。


賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、審査に債務整理の経験が加味されたりということはありえません。

なぜかと言うと、事故情報を持つ信用情報機関への参照は金融会社が行うものであり、それを参照する権利を不動産会社は持っていないのです。

ですから、引っ越しに際して債務整理の影響を懸念しなくても大丈夫です。

ですが、自己破産の申立を行った上でその免責が下りていない期間中は、裁判所が認めた引っ越ししかしてはいけませんので心に留めておくことです。

債務整理には、借金を債権者に返済し終えている時に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

過払い金返還請求を行う時には、当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類があるといいでしょう。

今までの取引履歴を把握できれば、利息を正確に算出できるので、過払いになっていた利息を返してもらうことができます。

任意整理による債務整理では、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

一方、元金の減額も希望する時は、ハードルは高いでしょう。

担当の弁護士や司法書士の交渉力が優秀であれば万一減額の可能性もあるでしょうが、利息カットでも利益がでないのに、元金の減額を認めると確実に債権者が損をするので、滅多な事では受け入れられません。

トップへ戻る