熊本 ヤミ金 無料相談

熊本でヤミ金の無料相談ならこちら

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので熊本でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

熊本でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・熊本対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として熊本でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

熊本市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

熊本県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

熊本市、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡、玉名郡、菊池郡、阿蘇郡、上益城郡、八代郡、葦北郡、球磨郡、天草郡

 

熊本市に隣接している市町村

宇土市、合志市、宇城市、玉名市、菊池市、山鹿市、上益城郡嘉島町、甲佐町、益城町、御船町、菊池郡菊陽町、玉名郡玉東町

 

(海上を隔て)長崎県:島原市

 

債務整理コラム

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。

一般的に言うブラックとして扱われるため、しばらくはクレジットカードや銀行ローンを利用することができないでしょう。

この期間ですが、債務整理のケースではブラックでなくなるまでに5年はかかると理解しておきましょう。

その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、支払期日までに返済金を用意できないかもしれません。

もし、一括払いができなくなると、リボ払いに変更するしかありません。

ですが、この返済方法でも支払いが滞ることも少なくありません。

常に返済のことを考えなければならなくなると、精神的にも追い詰められてしまいますから、弁護士などに債務整理を依頼し、余裕をもった支払いができるようにしてみてはいかがでしょうか。

多重債務などで債務整理をした場合、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

この期間は有限で、JICCの場合、債務整理の種類に関係なく、約5年ほど記録が残ります。

また、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、個人再生や任意整理を行った場合、情報が残ることはありません。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間は借り入れできなくなるといったことが考えられます。


自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては債権者全部が対象ですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで処理していくので、かならずしも債権者すべてを対象とせず、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、減額できないこともあるのです。

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、債務の返済などに利用してしまえば、支給停止というケースも過去にはあるのです。

したがって、生活保護を受給している場合、自己破産以外に債務整理の道はないと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで金融機関等から訴訟を起こされてからでも、必要に応じて債務整理をすることはできます。

そこで一般的に行われるのは裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれることもありますし、差し押さえの不安もなくなります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は訴訟は取消しになり、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。


信用機関で事故情報を保管する期間は、約5年ほどと見られています。

金融業者たちが共有できるよう個人の金融情報を保存している機関が信用機関です。

これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。

すなわち、住宅ローンを希望しても債務整理をしてから5年未満ならば望み薄になります。

債務整理に臨む時は、留意しておいてください。

借金の支払いがもう無理だとなった時、借金を債務整理によって整理することができますが、唯一整理できないのが各種税金です。

自己破産に関して定めている破産法にも免責されない債権に租税請求権があたることが書かれています。

国民の三大義務でもある納税義務ですから、自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

けれども、自分の状況を役所で話して分納を勘案してもらう事はできるでしょう。

借金の整理をしたいけれど使用中のクレジットカードが無くなるのが嫌なら、任意整理という方法で債務整理を行うことにすればひょっとすると残せるかもしれません。

任意整理とは整理したい債権者とそうでない債権者を選べる制度なので、持ち続けたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行えば、カードは残ったままです。

しかし、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、カードの更新の際はそれを根拠に利用停止となる見込みが高いでしょう。

トップへ戻る