熊本 ヤミ金 無料相談

熊本でヤミ金の無料相談ならこちら

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので熊本でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

熊本でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・熊本対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として熊本でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

熊本市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

熊本県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

熊本市、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡、玉名郡、菊池郡、阿蘇郡、上益城郡、八代郡、葦北郡、球磨郡、天草郡

 

熊本市に隣接している市町村

宇土市、合志市、宇城市、玉名市、菊池市、山鹿市、上益城郡嘉島町、甲佐町、益城町、御船町、菊池郡菊陽町、玉名郡玉東町

 

(海上を隔て)長崎県:島原市

 

債務整理コラム

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

もし、任意整理を依頼した場合、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、成功報酬を支払う必要があります。

なお、この基本料金とは固定のケースが多いため、そこまで減額を必要としない債権者にも任意整理をした場合は、反対に、損をしてしまうかもしれません。

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも選んだ方法の違いで手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。

とはいえ、どのやり方でも3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になる人もいるようです。

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が重要になるでしょう。

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として使うものです。

弁護士と委任契約を結ぶと、依頼を受けた弁護士が各債権者に対して受任通知を送るので、取り立ての電話や手紙も止まります。

委任契約が結ばれると、弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。


債務整理全般に共通することですが、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為は厳しく制限されています。

ただ、任意整理の場合は手続き中に先方が訴訟という手を打つことがあります。

裁判所を通さずに交渉するのが任意整理ですが、貸主が返還訴訟を起こすのは妥当なことですし、その権利は法律で守られているため、止めることはできません。

貸金業者の中には任意整理を嫌い、すぐ裁判所に訴え出るところもある位です。

せっかく債務整理を依頼しても、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、委任自体をやめたい場合は、あらためて解任手続きをしなければなりません。

面倒だからと省略して別途よそと契約してしまうと、受任通知の二重送付にもなり、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから別の依頼先と契約するようにしましょう。

よく「破産」などと言いますが、債務整理の手続きは3通りあり、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それと自己破産とがあります。

この中でも任意整理と個人再生については、安定収入のない人は手続きできません。

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も「債務の減額」が趣旨であり、どちらも返済しなければならない借金は残っています。

払い続けていくためにも安定収入は欠かせないものなのです。


借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできます。

とは言え、可能なのは任意整理や個人再生といった支払総額は減るものの返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルが元の借金は免責不許可事由として取り扱われ、たとえ裁判所に破産を申し立てても免責のハードルは極めて高いでしょう。

債務整理をするのに任意整理による場合、交渉を受け入れない債権者もいます。

司法が介在しない任意整理では、債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

司法の介在がないという意味は、債権者は法的に交渉の席に着く義務は無いという事と同等です。

つまり、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、どう考えても債権者にとって悪条件であれば決着できないかもしれません。

自己破産は、それ以外の債務整理の方法とは違って借金を全て帳消しにすることができ、強力です。

そうは言っても、申立をした全員が可能なのではなく、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

申立をしてから免責の可否が通達されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かで違います。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、財産が有ればそれを債権者に分配することになるので、管財事件となり、判断が下るまで1年を要するケースもあるようです。

トップへ戻る