熊本 ヤミ金 無料相談

熊本でヤミ金の無料相談ならこちら

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので熊本でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

熊本でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

熊本でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・熊本対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として熊本でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

熊本市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

熊本県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

熊本市、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡、玉名郡、菊池郡、阿蘇郡、上益城郡、八代郡、葦北郡、球磨郡、天草郡

 

熊本市に隣接している市町村

宇土市、合志市、宇城市、玉名市、菊池市、山鹿市、上益城郡嘉島町、甲佐町、益城町、御船町、菊池郡菊陽町、玉名郡玉東町

 

(海上を隔て)長崎県:島原市

 

債務整理コラム

借金がかさんで債務整理をすると、JICCやCICといった信用情報機関に債務整理の情報が残り、いわゆるブラックになります。

あくまで期限付きですが、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、金融事故扱いになりません。

この期間はブラック状態なので、ローンやキャッシングが使えないでしょう。

債務整理をすると、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも行った債務整理が違えば全てが終わるまでの日数が異なります。

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、短くとも3か月の期間は必要になります。

多重債務者の場合は、1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。

仮に今ある借金を債務整理で処分しても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、ブラックとして扱われるのは本人だけです。

ですから、その家族はローンやキャッシングを使うことも制限されません。

けれども、注意しておきたいのは、借金の保証人が家族の名義になっているのならば、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。


いかなる債務整理の場合も弁護士等による債務整理の介入通知が送られた段階で、借入先による連絡行為(支払いの催促含む)は止みます。

とは言うものの、同じ債務整理でも個人再生と自己破産では対象が全債権者となりますが、こと任意整理となると話は別で、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

従って、それ以外の債権者からの取立てや催促の連絡などは止むことはありません。

期日通りの返済ができないと、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。

けれども、期日を過ぎても入金がないと再度、支払いを求める連絡が来て、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

どうあがいても返済が不可能なときは、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、ローン契約そのものが破棄され、自宅も自動車も借金の返済のために手放さなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、減額対象とはならないのが普通です。

そのかわり、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


家族に隠して債務整理をしようとするとその方法次第で難易度には差があります。

仮に任意整理をするならその手続きを全て自分でやろうとさえしなかったら大抵は家族にばれずに済むでしょう。

しかし、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、ばれるのを覚悟した方がいいです。

債務整理を行う方法が何であっても、職場に対しては内密にできます。

債務者がどんな風に借金の整理を行うか次第で債務整理の方法は4種類あります。

それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種です。

一つ一つ圧縮できる金額や裁判所の手が入るのかどうか等、違った手続きになります。

全方法に重なる点としてはある程度の期間、事故情報が信用情報機関に記載されるので、新たな借金はその消滅を待たないとハードルが高いという事でしょう。

債務整理をする方法の中で、借金を債権者に返済し終えている時に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。

過払い金返還請求に際しては、かつての借入金の明細が載った取引履歴の書類が不可欠です。

取引の履歴に目を通して、適正な利息を算定することができるので、不要だった分の利息をを返還請求することが認められます。

トップへ戻る