高知 ヤミ金 無料相談

高知でヤミ金の無料相談ならこちら

高知でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので高知でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

高知でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

高知でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・高知対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として高知でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

高知市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

高知県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

高知市、室戸市、安芸市、南国市、土佐市、須崎市、宿毛市、土佐清水市、四万十市、香南市、香美市、安芸郡、長岡郡、土佐郡、吾川郡、高岡郡、幡多郡

 

高知市に隣接している市町村

南国市、土佐市、土佐郡土佐町、吾川郡いの町

 

債務整理コラム

債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。

まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認するようにしてください。

ですが、事務所によっては異なる料金システムをとっていることがあるため、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、成功報酬の割合が他の弁護士事務所より高くなることもあります。

実際に依頼した人の口コミなどを参考にして良さそうな弁護士事務所を探し、実際に無料相談などを受けてみて、信頼感が持てれば、債務整理に進みましょう。

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金はどの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

中でも、任意整理は、借金をしている会社ごとに基本料金があり、減額が成功した場合は、この金額の20%程度を成功報酬として支払わなければならないでしょう。

ちなみに、債務額や債権者の数に関係なく、基本料金は主に固定料金になっていますから、そこまで減額を必要としない債権者にも任意整理の幅を広げてしまうと、結果的に赤字になるケースもあります。

債務整理の際に、車の処分を避けたいのであれば、カーローンはそのままにしておいて、任意整理などにすれば、車を残しておけるでしょう。

とはいえ、持ち続けることに許可が下りるかについては、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、車を手放すよう求められるかもしれませんから、専門家に状況を説明し、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。


自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては債権者全部が対象ですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで処理していくので、かならずしも債権者すべてを対象とせず、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、減額できないこともあるのです。

もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、債務の返済などに利用してしまえば、支給停止というケースも過去にはあるのです。

したがって、生活保護を受給している場合、自己破産以外に債務整理の道はないと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで金融機関等から訴訟を起こされてからでも、必要に応じて債務整理をすることはできます。

そこで一般的に行われるのは裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれることもありますし、差し押さえの不安もなくなります。

お互いに減額内容に納得して和解に至った場合は訴訟は取消しになり、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。


借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできなくはありません。

とは言え、任意整理や個人再生といった支払総額が減るに留まり引き続き返済の義務は残る方法のみとなります。

あらゆる債務を清算できる自己破産であってもギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由に当たりますから、裁判所に破産の申立をしたところで免責のハードルは極めて高いでしょう。

家族に知られずに債務整理ができるかどうかというとどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。

任意整理の場合には手続きを全部自分でしようと思わない限りは大抵は家族にばれずに済むでしょう。

ところが、それが個人再生や自己破産となれば、世帯収入や資産を公開する手続きが入るので、そのうちばれてしまう可能性が高いです。

一方、職場には、債務整理の方法が何であっても隠しておけます。

返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるでしょう。

債務整理は弁護士も司法書士も依頼を受けることができるのですが、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、140万円以内に合計額が収まっていないと請け負うことができないという縛りがあります。

絶対に140万円に満たないというケースならどちらでも結構ですが、超えるかもしれない時は弁護士を選んでおいた方が確実です。

トップへ戻る