神戸 ヤミ金 無料相談

神戸でヤミ金の無料相談ならこちら

神戸でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので神戸でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

神戸でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

神戸でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・神戸対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として神戸でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

神戸市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

兵庫県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市、川辺郡、多可郡、加古郡、神崎郡、揖保郡、赤穂郡、佐用郡、美方郡

 

神戸市に隣接している市町村

明石市、三木市、三田市、宝塚市、西宮市、芦屋市、加古郡稲美町

 

(海上で隣接)
淡路市

 

債務整理コラム

増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、すべての借入をおまとめローンで一本化できないかどうか考えてみてください。

本来の借金の額自体は変わりませんが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息負担を軽くすることができるでしょう。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で弁護士などに債務整理を依頼するのも良いでしょう。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談すると良いでしょう。

1社あたり140万円以上の債務があるような債務整理には、司法書士は携わることを禁じられています。

でも、弁護士に依頼すれば、このような制限を気にする必要がありません。

また、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内から取り立てをやめさせることも期待できます。

もし債務整理をしたとしても、家族にとっては、さほどマイナスにはならないでしょう。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、あくまでブラックリストに名前が載るのは債務整理者本人だけですから、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することも可能でしょう。

ただし、そうとは限らない場合があります。

もしも保証人が家族の場合は、その家族が返済義務を負うことになってしまうでしょう。


いかなる債務整理の場合も弁護士等による債務整理の介入通知が送られた段階で、借入先による連絡行為(支払いの催促含む)は止みます。

とは言うものの、同じ債務整理でも個人再生と自己破産では対象が全債権者となりますが、こと任意整理となると話は別で、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

従って、それ以外の債権者からの取立てや催促の連絡などは止むことはありません。

期日通りの返済ができないと、貸した側から次の日には支払いに関しての連絡がくるでしょう。

そこで遅れてでも支払う日を伝えれば、相手から二度と連絡が来ることはないはずです。

けれども、期日を過ぎても入金がないと再度、支払いを求める連絡が来て、そのうち取り立てが始まり、下手をすると裁判にまで持ち込まれてしまうでしょう。

どうあがいても返済が不可能なときは、債務整理をすれば取立ては止みますし、手続き中は利息も発生しません。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、ローン契約そのものが破棄され、自宅も自動車も借金の返済のために手放さなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、減額対象とはならないのが普通です。

そのかわり、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


通常、債務整理を行う単位は個人ですから、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ただ、例外も存在しており、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それから、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるならもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者本人が絶対に債務者と面談を個別に行うこととして、日弁連が債務整理事件を処理する上での規律を盛り込んだ規定を通達しています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務に背いている訳です。

ハードな月々の返済に対する措置だという趣旨は変わりませんが、いわゆる任意売却というのは購入した不動産のローンの返済が手詰まりになった際にその不動産を売り払って得たお金をローンの返済に充当する事です。

それに対し、債務整理は返済できなくなった借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そのような時は任意売却と債務整理がどちらも必要になります。

トップへ戻る