広島 ヤミ金 無料相談

広島でヤミ金の無料相談ならこちら

広島でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので広島でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

広島でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

広島でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・広島対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として広島でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

広島市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

広島県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸郡、山県郡、豊田郡、世羅郡、神石郡

 

広島市に隣接している市町村

坂町、呉市、東広島市、安芸高田市、廿日市市、安芸郡熊野町、海田町、 府中町、山県郡北広島町、安芸太田町

 

(海を隔てて)
江田島市

 

債務整理コラム

債務整理をすると、返済の負担から解放されることができます。

ですが、債務整理を行ったことは信用情報機関に載ってしまいます。

どういうことかと言うと、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態ですから、借入やクレジットカードの際の審査にパスできなくなってしまうでしょう。

約5年間はこうした状態が続くので、気を付けなければいけません。

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停など、多くの手法があります。

多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、債務整理が長期化することがほとんどないのが魅力です。

弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、取り立ての電話や手紙も止まります。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所が関与するため、官報にも掲載されるでしょう。

もし債務整理をした場合、所有しているクレジットカードが更新のタイミングで利用不可能になる可能性があります。

借金をしていた業者が信用情報機関に加盟しているのであれば、債務整理の結果、金融事故として記録され、加盟業者がこの情報を共有するためです。

有効期限があっても、利用停止措置がとられるケースもあるため、何らかの料金の引き落としがクレジットカードになっているケースでは、債務整理を行う前に別の手段を用意しておきましょう。


任意整理の和解にしろ、個人再生や自己破産を行うにしろ、手続きに時間がかかることはやむを得ません。

やっと任意整理を行う決断をしたとしても、最初に弁護士等に依頼して受任通知を送付してから結果に至るまでには、3か月ほどかかるのが普通で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

また、この期間中は催促を始めとした連絡や取り立ては禁止されているのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、借り手が自己破産という事態になれば、ローン契約そのものが破棄され、返済のためにマイホームもマイカーも売ることになります。

一方、任意整理や個人再生では、住宅ローンなどの契約は保全され、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却するなどということは考えなくても良いのです。

これ以上ローンの返済が難しい状態になり、自己破産以外の形での債務整理を行う場合は、家賃が必要な借家(アパート、マンション含む)に住み続けるなら、家賃やそれに付随する更新料なども考えておく必要があります。

家賃は生活基盤の一部ですし、減額された返済分と同様に月々の固定支出となることは避けられないからです。

手続きに着手してからでは訂正がききませんし、整理をお願いする時点で手続きしてくれる弁護士(司法書士)に伝えておきましょう。


個々の状況次第で、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは違うでしょう。

将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければやや支払う総額が減るものの、債務整理には及びません。

でも、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも方法がひとつではなく複数あります。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

一人一人の事情から方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

かつては出資法に則って、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、法に背いていることになります。

すなわち、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

トップへ戻る