岐阜 ヤミ金 無料相談

岐阜でヤミ金の無料相談ならこちら

岐阜でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので岐阜でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

岐阜でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

岐阜でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・岐阜対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として岐阜でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

岐阜市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

岐阜県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、羽島郡、養老郡、不破郡、安八郡、揖斐郡、本巣郡、加茂郡、可児郡、大野郡

 

岐阜市に隣接している市町村

大垣市、関市、山県市、本巣市、瑞穂市、羽島市、各務原市、羽島郡笠松町、岐南町、本巣郡北方町

 

債務整理コラム

債務整理時に必要な費用ですが、どの弁護士や司法書士にお願いするかで変わってきます。

もし、任意整理を依頼した場合、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、成功報酬を支払う必要があります。

なお、この基本料金とは固定のケースが多いため、そこまで減額を必要としない債権者にも任意整理をした場合は、反対に、損をしてしまうかもしれません。

もし、債務整理で借金を整理しようとした場合、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でも選んだ方法の違いで手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。

とはいえ、どのやり方でも3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、人によっては1年弱、またはそれ以上の時間が必要になる人もいるようです。

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に委任状が重要になるでしょう。

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として使うものです。

弁護士と委任契約を結ぶと、依頼を受けた弁護士が各債権者に対して受任通知を送るので、取り立ての電話や手紙も止まります。

委任契約が結ばれると、弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、相手方と交渉したり、訴訟を行ったりします。


債務整理といっても実際は3種類に分かれていて、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

中でも個人再生と任意整理では、依頼主に定収入がなければいけません。

個人再生における再生計画や任意整理の和解交渉は、債務の総額を減らすためのものであって、完済まで月々返済していかなければなりません。

返済を滞りなく行うために、収入が求められるのは当然でしょう。

勇気を出して決めた債務整理なのに、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、委任関係の解消を希望する際は、解任という手続きを踏まなければいけません。

解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、債務整理の開始通知を債権者に二重で送りつけることになるので、揉める原因にもなります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから次の弁護士と契約するようにしてください。

あらためて計算しなおした過払い金を債務と相殺するために行うのが特定調停です。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、この特定調停という制度では返金請求できず、単に負債が無くなるというだけです。

比べてみて、もし過払い金がまとまってあるというのであれば、特定調停などは効果が薄いので、返還を求めて過払い金請求をするべきです。


過去には出資法に従い、利息制限法の定めを超える利率での貸付が日常茶飯事でした。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

現行は利息制限法に定める上限以上の金利では法律違反です。

ですから、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

近年、インターネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中には珍しくありません。

付近にはよさそうな事務所が見当たらないと憂いているばかりでなく、とにかくネットを経由し自分の状況についてメールで相談に乗ってもらうことも考えるべきです。

手続きも任意整理であれば電話と郵送で済ませることが可能なため、くじけずに第一歩から始めてみましょう。

その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は完全に借金をなくせるという強力さを持った方法です。

ですが、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、裁判所からの免責許可が下りることが必要です。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

もし、無い時は決定が下されるまでは概ね3ヶ月ですが、財産が有ればそれを債権者に分配することになるので、管財事件となり、場合によっては1年もかかります。

トップへ戻る