福井 ヤミ金 無料相談

福井でヤミ金の無料相談ならこちら

福井でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所を探してる

 

というあなたの為におすすめの司法書士事務所を教えます。

 

24時間対応・全国対応ですので福井でヤミ金の取り立てに苦しんでいるという場合でも大丈夫です。
ヤミ金被害で悩んでいる場合は、ひとりで悩まずにまずは専門家である司法書士に相談しましょう。

 

ヤミ金は法外な利息で貸し付ける違法業者ですので、こうして迷っている間も利息がどんどん膨らんでいきます。
一刻を争う事態です。
軽率な自己判断はさけてヤミ金相談のプロである司法書士と一緒に解決していきましょう。

 

福井でヤミ金の無料相談を受け付けている司法書士事務所はこちらから。

 

 

福井でヤミ金の無料相談ができる司法書士事務所・弁護士事務所

 

ウイズユー司法書士事務所

 

相談料無料・後払い可能・分割可能・福井対応・24時間対応

 

ヤミ気に強い司法書士事務所として福井でヤミ金相談に対応してくれるウイズユー司法書士事務所。
司法書士にお願いして今すぐヤミ金相談をしたいという場合はこちらから。

 

 

ヤミ金無料相談

 

ヤミ金無料相談_女性専用窓口

 

 

福井市以外でもヤミ金の無料相談を受け付けている地域

福井県全域でヤミ金の無料相談を受け付けています。

 

福井市、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、吉田郡、今立郡、南条郡、丹生郡、三方郡、大飯郡、三方上中郡

 

福井市に隣接している市町村

坂井市、勝山市、大野市、越前市、鯖江市、今立郡池田町、吉田郡永平寺町、丹生郡越前町

 

債務整理コラム

多重債務の状態になっている人は、債務整理をする前にまず、今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

本来の借金の額自体は変わりませんが、ひとつの大きな借金になるので、金利を下げることができると思います。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

まずは債務を一本化して、それでも返済が難しくなった時に弁護士などに債務整理を依頼するのも良いでしょう。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で周りの家族に悪影響が出る可能性は低いです。

家族名義の財産が没収されたり、金融サービスの審査に受からなくなるといったことはありえないでしょう。

ですが、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、注意してください。

もし債務整理を無事に終わらせることができたら、再び借入することができるのでしょうか。

これについては、しばらくの期間はお金を借りることはできません。

もし債務整理を行うと、金融事故歴アリとしてブラックリストに5年間は登録されてしまいます。

そのため、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入も不可能になります。


自己破産は債務整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、本人名義のすべての預貯金は資産説明書に記載する義務があります。

合計額が20万円を超えた分は原則として借金の返済にあてられますが、基本的に資産一切を手放すというのが自己破産の特徴です。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは思わない方が良いでしょう。

仮にどこかで発覚したとして、免責そのものが受けられなくなる可能性もあります。

延滞する位ですから弁護士への着手金を用意するのも大変でしょう。

しかし、それでも弁護士次第ですが債務整理を引き受けてくれるところはあります。

つまり、手付金という名目のお金を少額でも用意します。

着手金との差額部分については、債務整理を開始してから返済猶予期間に積み立てをして、手続きが済んだら成功の度合いに応じた報酬や経費とあわせて積立から精算を行います。

大抵の債務整理では、手続き前にこうした積立方式を提案されるようです。

近頃はあまり見かけませんが、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。

債務が残っている借入先について、返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に効果を発揮する債務整理です。

それから、ここで判明した過払い金については、特定調停以降に別途請求することになります。

この請求はまだ相手に借金しているうちは出来ません。

返済終了後に行えるようになります。


個々の状況次第で、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは違うでしょう。

将来利息のカットにより、最終的に支払わなければならない総額を減らすことができるのが前者のメリットですが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければやや支払う総額が減るものの、債務整理には及びません。

でも、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

借金を整理する術として債務整理があるわけですが、その中でも方法がひとつではなく複数あります。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

一人一人の事情から方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

一人で手続きをしてもかまいませんが、心もとなく思うようなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

かつては出資法に則って、利息制限法の定めを上回る利率での貸付が珍しくありませんでした。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は金利が利息制限法が定める上限をオーバーする場合、法に背いていることになります。

すなわち、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。

トップへ戻る